膣のゆるみは非処女だけの問題ではありません

微笑んでいる女性

デリケートゾーントラブル

考える婦人

肌触りの悪いナプキンを着けている場合や、衛生的に保てていない場合に起きるデリケートゾーンのかぶれ。かゆみやブツブツが出来るなど、憂鬱な生理がさらに憂鬱になる深刻なトラブルです。

詳細を確認する

人に言えないあそこの悩み

頭を抱える人

人には言えない女性器の悩み。婦人科形成ではそうした性器の悩みに対処する手術が可能です。大阪では小陰唇の縮小に、切開手術以外にレーザーでの手術を行なえるところも出ています。

詳細を確認する

実はゆるんでいるかも

婦人

性生活だけでなく、普段の生活にも影響を及ぼしてくる膣のゆるみは、解消することが出来ます。問題となるのは、骨盤底筋です。この骨盤底筋の低下で処女でもゆるみが出ることもあるのです。膣のゆるみの問題は、骨盤底筋からきています。骨盤底筋が弱いと、内臓を支えるお腹周りの筋肉が低下して、尿漏れなどが起きる恐れもあるのです。膣のゆるみと聞くと、性行為や出産が原因と考えられがちです。しかし、それだけではなく生活習慣や姿勢から骨盤底筋が低下することで処女でも膣のゆるみが出てしまうのです。姿勢の悪さや、運動不足なデスクワーカーなら要注意と言えます。下腹部などに贅肉が付いている場合にも、気をつけた方が良いでしょう。膣のゆるみがあると、困ることとしては、タンポンがズレたりモレたりする、お風呂などに浸かった時に水が膣内に入って残る感じがあるならゆるみが出ていると考えられます。また膣圧が弱くなるので、性交渉の時に感度などが低くなることも挙げられます。膣のゆるみの解消には、Vタイトニングレーザーと呼ばれる膣縮小を行なうレーザー手術や、奥の方がゆるい場合は膣縮小手術を行なうことで膣を縮小させます。Vタイトニングレーザーでの治療相場としては20万円から30万円程度となります。膣のゆるみ解消手術は60万円程度かかります。予防する場合は普段から適度な運動を心がけましょう。膣を持ち上げるようなイメージで力を入れ、ゆっくりと力を完全に抜くストレッチで骨盤底筋が鍛えられます。

黒ずみ問題の解消方法

下を向く女性

デリケートゾーンの悩みに多い黒ずみ。色素沈着した黒い部分を軽減改善させる場合はポイントを抑えたケアが重要です。専用ソープやジェル、締め付けのない下着を利用して解消しましょう。

詳細を確認する